消費者金融は総量規制の適用を受けます

即日融資

消費者金融の厳しい取立が社会問題となり、貸金業法が改正されます。以降、貸金業法下の消費者金融は総量規制の適用を受け、貸出金額に年収制限をうけ、また、50万円以上もしくは他社も含めた借入総額が100万円を超える場合には、所得を証明する書類の提出が義務付けられました。これに違反した業者は、行政処分の対象となります。

 

貸金業法の適用を受けない銀行カードローンと比べ、消費者金融は総量規制をいう名の足かせを付けられており、厳しい状況となっています。さらに、グレーゾーン金利の問題から過払い金の返還請求が多発しており、多くの消費者金融が経営難に陥りました。現在では、大手の消費者金融はほとんど大手銀行グループの傘下に入っており、銀行の豊富な資金量をバックに経営状態は安定しています。

 

しかし、相変わらず総量規制の足かせがあるため、消費者金融カードローンの利用残高は大きく減少しています。これに対し、銀行カードローンは、総量規制の足かせもなく、銀行という安心感と強みである低金利で多くの利用者を集め、利用残高は大きく伸びています。言うまでもなく、新規顧客のみならず、消費者金融の利用者の多くが銀行カードローンに流れてきています。